新着情報

記事公開日:【ピックアップニュース】

☆書院造りの県指定文化財「岡御殿」で、江戸から明治の暮らしを知ろう☆

 

田野町にある県指定文化財「岡御殿」で、江戸時代から明治時代にかけての古民具を展示する催しが4月14日(金)~5月31日(水)に開催されます。

 

「岡御殿」は、江戸時代に土佐の東部地域を巡視する藩主が宿泊所としていたといわれ、書院造りや欄間、軒の造形など美しいつくりが見られるのも楽しみのひとつ。さらに今回は町が所有する古民具展示や、きらびやかな衣装を身に着ける体験などで、当時の暮らしぶりを感じていただけます。

 

また、幕末維新博開催記念に作られた「岡御殿手拭い」は、藩主が東部巡視する際の行列を詳細に描いたオリジナルで、毎月23日に先着23名様にプレゼントされます。春の陽射しの下、縁側でのんびりできますのでぜひお越しください。

 

●DATA

◎幕末維新博地域会場「岡御殿」幕末古民具展
【日 時】平成29年4月14日(金)~5月31日(水) 
開館時間9:00~16:30※火曜休館・5/2は開館
【場 所】県指定文化財 岡御殿(安芸郡田野町2147-1)
【入館料】大人500円/中高生300円/小学生以下無料
              (お殿様体験・お姫様体験は別途有料)
【問合せ】TEL0887-38-2511(田野町教育委員会)
※チラシはコチラをご覧ください

↑このページの先頭へ